ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ヴィンテージイングリッシュローズ

rose1176
リアンダー 1982年作出のイングリッシュローズ

なんと偶然ですが、イングリッシュローズとえくうすは同い年です。
いくつになるかは深く追及しないで欲しいのですが、同じ年のよしみで最近古いタイプのイングリッシュローズを集めたりしています。
最近の品種も気になりますが、やっぱり時を経てもいいものはいいですね~。


rose1175
リアンダー 

古い時代のイングリッシュローズは日本では大きくなりすぎたり、四季咲き性が乏しかったりなのですが、整いすぎた印象の最近の品種に比べてワイルドな魅力があったりします。
毎年新しい品種が作出されて、DA社のメインリストから外れていく品種もあります。
ああ、しばらくしたら入手困難になるかも!と思うと、ついつい今のうちに…なんてポチっちゃうんですよね。


rose1178
ヒーロー 岐阜花フェスタ公園にて
イングリッシュローズの名前はシェイクスピアの戯曲の登場人物に由来するものが多いのですが、このリアンダーとヒーローは同時代の詩人クリストファー・マーロウの詩の人物から。


rose1177
ヒーロー 岐阜花フェスタ公園にて
ヒーローとリアンダーは恋人同士。リアンダーはヒーローに逢うため、夜ごとに海を泳ぎ渡っていましたが嵐で溺れ死んでしまう…という悲劇です。

我が家の庭では、リアンダーはいますが、ヒーローはおりません。
トロワロスはいてもクレシイダはいない。(『トロワロスとクレシイダ』)
ロードリーオベロンはいてもプラウドテイタニアはいない。(『真夏の夜の夢』)
ジェントルハーマイオニーはいても娘のペルティーダがいない(『冬物語』)

出来ればカップルで咲かせてやりたいのですが・・・
これ以上、どうするの~@@



スポンサーサイト

テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/1020-2a16eef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。