FC2ブログ

ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

兄弟仲良く

今日の一枚
ale&ron3

やんちゃ坊ズ アレックス&ロン

我が家の息子はアレックス:シェットランドシープドッグ1歳♂とロンサール:アフガンハウンド7ヶ月♂の2頭。

本来なら中型犬と大型犬の組み合わせてあるはずの2頭、なぜかアレックスが大型犬サイズに成長してしまい(実際細身のラブラドールと体格が一緒なので、服とかは着丈50~60㎝の間で選んでいます)、大型犬が2頭になってしまいました。だから一日数回あるお相撲タイムになるとドッタンバッタンと賑やか。2頭引きで散歩に行くと、途中田圃の中でそれが始まることもしばしば。その時は人間が中心の回転軸となってグルグル回っています。

2頭引きだと一度に散歩できて楽なのですが、しつけの問題があり、朝は1頭ずつでお散歩。アレックスは父(引っ張らない・走らないから)、私はロン(ショートレーニング?と、トビが大きいので人間はランニングになる上、時々猫・鳥を追いかけて猛ダッシュするので・・・。大人になったら自転車ですね)を担当。なるべく重複しないよう時間差で出発し、コースも微妙に変えているのですが、バッタリ遭遇してしまうこともあります。

1頭ずつで歩いている時は、ベビーの時からしているハーフチョークチェーンの首輪(今はハフマンのトレーニングカラー)のおかげで2頭ともそんなに引っ張り癖はないのですが、二人が出会ったとき・・・・・・・・・・

「弟よ~」(アレックス) 「おにいちゃ~ん」(ロン)
ズルズルずるずる~(人間)

と、毎度劇的な再会劇(⇒路上お相撲大会に続く)が繰り広げられます。離れていたって数十分程度なのに。その間人間はまたグ~ルグル引かれて回っています。そりゃあ、弟は可愛いよね。アレックスが溺愛して子育てしたようなものだからね~。
ale&ron4

ヒヅメの噛み方を指導中。

ale&ron5

何を?指導中?

アレックスは生後7ヶ月くらいから排泄時に片足上げるようになり、大人になったのが速く感じられたのですが、ロンは同じ7ヶ月齢でも片足上げて用を足せないお子様で、大型犬はゆっくり大人になっていくなあ、と感じます。

今のところ、まだアレックスがリーダーシップを取り、ロンはそれに従っていますが、最近アレックス兄が凹んでいるように段々と自己主張し始めた弟ロン。取られっぱなしだったおもちゃを兄から奪回するようになったロン。そろそろ政権交代かもしれません。

大人になってしまえば、いくらアレックスが大きめとは言え歴然と体格の違いが付いてしまう2頭。組んず解れつして遊べるのも今のうちかもしれませんね。

・・・と、目を細めて見ている様に見えても・・・・お前たち、いたずらは許さんぞ=Σ

スポンサーサイト



テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/13-1184bb9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する