FC2ブログ

ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

寒立馬に逢いに

今日の一枚
kandatime5

寒立馬  青森県 下北 東通村
馬の撮影を始めた当初はサラブレッドが被写体の多くを占めていましたが、近年は様々な馬の姿を追い求めて東北~北海道を彷徨っています。

私の両親の世代、馬は近所の農家で飼われている身近な動物でした。実際家で飼っていたという話も良く聞きます。大きくて大人しい、不格好だけど優しい瞳の馬がいたのだ、と。
長く人間の農作業・漁業を助けてきた「農耕馬」と呼ばれる重種馬たち。しかし、その姿が馬産地からも次第に少なくなっていくのを近年感じます。
歴史の流れに押されて消えていく馬の姿・・・その姿を少しでも残したくて、東北~北海道を彷徨っています。

青森県下北半島北東端、東通村尻屋。真冬には地吹雪が吹きすさぶ極寒の地です。この雪原に寒立馬(かんだちめ)と呼ばれる馬たちが暮らしています。太い首、発達したアゴ骨、大きく張り出した腹、太く丈夫な足、巨大な蹄の素朴で逞しい姿。昔話の中に出てくるような姿の彼女たちに会いたくて、今年も尻屋に向かいます。

今晩、夜行列車にて青森へ立ちます。
明日からはしばらくブログは携帯からのアップとなります。
スポンサーサイト



テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/27-5881f3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する