ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

蒼き狼の馬

horse302

この子達は北海道の馬達。クォーター・ハフリンガー・セルフランセいろいろ混じってます♪
久しぶりに沢山の馬が走り回る光景が見たかったので映画「蒼き狼」を見に行ってきました。
映画自体は(辛口コメントですので選択して御覧下さい)「『蒼き狼』というより『華麗なる一族』のようで、井上靖の本のタイトルをつけるのはどうよ?(今回の原作は森村誠一)」という感じでしたが、馬は沢山走っていました。

この先は映画自体というより、映画の馬の事限定でコメントさせて頂きます。

馬群の中に頭部に「白斑・流星」のある、どう見てもポニーもしくは洋種馬(ペイントホース・クォーターホース)とのハイブリッドと思われる馬達が沢山混ざっていました。
撮影用に調教された馬なので、仕方ないとは思いますが・・・。
N○K大河ドラマの馬も派手な顔のサラブレッドばかりですしね。
でも、蒙古馬・日本在来馬には顔の部分の「白斑・流星」はありえないので、歴史考証にこだわるのならチョーク(ドッグショーで使うような)で色をつけるとかいろいろ方法はあるはず。

horse303


もう一つ・・・。
落馬シーン、人馬転多すぎ・・・。
馬術スタッフがエンドクレジットで沢山表示されていたけど、人馬転やりすぎじゃないでしょうか?
安全性には気をつけていると思いますが、ちょっと馬の使い方荒いように感じました。(同様なことを「アレキサンダー」でも。あれは酷かった。エンドクレジットで「虐待はしていません」と書いてあったけど)
しかも、ダイナミックさを出したいのかアングルを変えて撮影した人馬転のカット(しかもアップ)を何回も出しているシーンがあって。

horse301

モンゴルの雄大な風景ももっとみたかったなー。画像は北海道ですが。
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

このページのトップへ

コメント

単騎千里を走る

そうです、このアングルからの画です。
風林火山のオープニングでこちらに向かって
疾走する群馬のカットがありますが、あれを見るたびに唸っています。
手綱かあるいは轡を嫌っているのか、その目のすごいこと。毎度、これを撮りたい~と思っています。でも、サラブレッドなんだよな~、と思いつつ。
映画では、やはり「シービスケット」等は登場馬に違和感を感じませんね。素人眼ながら。
転ぶのを「人馬転」というのですか。迫力を出すためなんでしょうが、あれには興醒めします。 子供のころ、父がああいうのを見ていつも、かわいそうなことをする、と必ずいっていました。それと馬の背中でドカンドカンとバウンドしている乗り手について。
えくうすさん、デジタルやってるのかなアと、先日、ボ~ッとしてだらだらと、過去ログを拝見してました。それでどこかで発見したと思うのですが、確かロン様の背後に、ひょっとしてエフェル?
最近2~3日に一度のペースで我がさくらを
洗っています。所要時間約1,5h。なれれば、これで結構たのしいなア、と思うこの頃。腰は痛むけど。
でもこのあとにもう一匹待ってるんでしょう。
それも只者じゃないのが!信じられない!!無理!!! 
さくらが4才になりました。

  • 2007/03/12(月) 01:20:40 |
  • URL |
  • さくらおとう #8ZSYwliE
  • [編集]

いや~!全く同じ感想です。
撮影用の馬とはいえ、ピョコピョコ走りをそのまま出してはいけませんわ~(笑
アレキサンダーの様に迫力ある戦闘場面はスローにするとか・・・
人馬転もやはりアレキサンダーのスロー映像に比べると、かなり見劣りします。
実に可哀想なくらいコテンコテンと転倒場面も多いわりに迫力に掛ける・・・
又、舞台演技のようなサムライ映画にしか見えませんでした・・・

それにしても、これだけの馬をそろえられるモンゴルは流石ですね~
しかも、雄大な自然に何万もの馬が駆け回るの状況を生で見たいものですよ~!

この映画の唯一のお勧めは雄大なモンゴルの大自然でしょう~(笑

  • 2007/03/12(月) 14:40:22 |
  • URL |
  • Tma #-
  • [編集]

蒙古馬・日本在来馬には顔の部分の「白斑・流星」はありえない…
というのにびっくり。そうだったんですか^^;
時代劇とかは見ないので、気にしたことなかったです(笑)

馬がたくさん出る、というのは聞いていたので観にいこうと思っていたのですが
パスしたほうが無難かしらん…

  • 2007/03/12(月) 19:26:37 |
  • URL |
  • きすい #wQAHgryA
  • [編集]

Tmaさん♪

以前通っていた乗馬クラブのオーナーさんが角川映画(たしか「天と地と」だったかな?)の撮影で馬のスタントをしていて、人馬転できるスタッフがなかなかいないので何回もやらされたー!と話していました。
ロードオブザリングの撮影はそんな人馬転のプロフェッショナル(ニュージーランドにはいるんだ!)がやった転倒シーンをCGで多様化して嵌め込んでいましたね。あれは上手でした。
・・・要するに下手な人馬転入れるくらいならCGのほうがマシって事?

でも、モンゴル行きたくなりましたね~地平線目指して馬を走らせたい!人馬転ならず人転しそうですが(笑)
モンゴルの馬、ドサンコと似ているので乗りやすそう♪でも鞍は痛いそうです(><)

  • 2007/03/12(月) 20:54:45 |
  • URL |
  • えくうす #-
  • [編集]

さくらおとうさん♪

駈足の時に馬のリズムに乗り手が合わせられないと、非常に馬の背に負担をかけますもんねー。さくらおとうさんのお父さんは乗馬をやっていらした方?分かっていらっしゃる!

でも、駈足慣れないときはなかなか馬に合せられなくて、「・・・ヘタクソ」と馬が止まってしまうんですよ~(笑)
いちど、浜辺を暴れん坊将軍のように走りに行ったことがあるのですが、気持ちいいのでついジョッキーのように「モンキー乗り」をやってしまいました。落ちなかったのが幸い。

サクラちゃん4歳おめでとうございます!
これからは熟女の魅力でマスマスおとうさんを虜にすることでしょう!
犬洗いは癖になりますよ~(笑)なんというかフッカフカになったときの達成感が病み付きに!

デジタルは撮影だけです。データの加工とか特殊処理は作品ではしないようにしています。せいぜいRAW現像のときにレベルいじる位。あ、blogの画像は結構遊んでいます♪

  • 2007/03/12(月) 21:03:54 |
  • URL |
  • えくうす #-
  • [編集]

きすいさん♪

そうなんですよ~。木曽馬は一時期洋種馬を混ぜちゃったことがあって、今はそれを直しているのですが、額に白斑が出た子馬は「木曽馬」じゃなくて「木曽系」としての登録になってしまうそうです。

でも、そうすると鹿毛か黒鹿毛か栗毛の無地(笑)になってしまうので、個体識別が大変!特に仔馬の時の顔は覚えていても、ちょっと会わないうちに大きくなってしまうと「つむじ」の位置で「・・・菜々ちゃん?」と判別するしかなくて。

あ、でもスペイン乗馬学校へ行ったら芦毛のアンダルシアンばっかりだわ~!
やっぱりゴマ柄物が分かりやすいと思います!

  • 2007/03/12(月) 21:12:07 |
  • URL |
  • えくうす #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/358-466d86e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。