ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

兄の威厳

今日の一枚
ale&ron12

ALEX&RONSARD

最近、アレックスは新しい芸を覚えようと研鑽の日々を送っています。弟ロンより「出来る」所を見せて兄の威厳を示したいからです。

アレックスはもともとそんなに運動神経が良い犬ではありません。どちらかと言うと飼い主に似て文系の鈍いタイプ。小さい頃は階段もなかなか昇り降り出来ず、走ると転び、一日思いっきり遊ぶと翌日筋肉痛。車の乗り降りも出来ないへなちょこでした。
これはいかん、筋トレしなくては!ということで通った虎の穴が城南公園。ここで先輩の兄ジロウくんに「シェルティ走り」の特訓を受け、遂に2人で並んで走りながら、ジャンプして相手の背を飛び越えお互いの位置を入れ替えるというハーティングドッグ極意「羊越え」をマスターするまでとなったのです。

ale&ron13

そんな経緯でいつの間にか体育系になった努力家アレックス。ロンにも「シェルティ走り」を伝授しようとしましたが、気まぐれアフガンはそれに乗ってくれません。おまけにロンは持久力もなく、すぐ疲れて「お兄ちゃんだけ走ってくれば~」と寝そべってしまうので、アレックスは「軟弱者め」とロンを小馬鹿にしていました。ところが、いつの間にか自分より大きく成長した軟弱ロン。生来の素質で速く走るようになり、アレックスはすぐに追いつかれて組み倒されるようになりました。

体格で負けるなら頭脳と芸で勝負!というアレックスが節分に向けて新しくマスターしたのは「ひょ~い、パク」と投げたフードを空中キャッチする、というもの。1歳になってフードの量が減ったアレックス、食べ物がかかっているとなればトレーニングも真剣です。
alex25

真剣そのもの
練習1日目、成功率0%。フードの動きが見えていません。動体視力のトレーニングが必要。
練習2日目、成功率20%。フードの落下曲線が見えてきたようです。
練習3日目、成功率95%。ほぼパーフェクトです。5連続もOKです。
もうアレックスの得意げな顔といったら・・・・と、そのとき横からのっそりとロンが現れました。どうせ冷やかしだろうと投げてみると・・・・・

パーフェクト!成功率はアレックスと互角。今までただ横で見ていただけで、何の練習もしていないのに。さすがサイトハウンド。美味しいところは必ず持って行きます。これにはアレックスもショックのようです。
さて、努力家のアレックス兄。次は何の芸を覚えようか。ロンが出来ないことといえば、やっぱり忍耐力勝負の「鼻乗せパックン」かな?

スポンサーサイト

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/36-08a81d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。