ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

終わりなき旅

先日の日曜日、9月16日の夕方。
いきなり降り出した土砂降りの雨音に混ざって聞こえてくる音楽が…。

horse412

何処かでお祭りでもやっているのかな?と思って、ふと思い出すと、
そう、この日は富山でミスチルのライブがある日でした。
ライブ会場は我が家から2kmほどの富山県総合運動公園陸上競技場だったので、ここまで音が聞こえてきたというわけ。

雨が少し小降りになったのを見計らって、アレックスの散歩に。さすがにヴォーカルまでは聞き取れないものの、外に出ると何の曲か分かるくらいに聞こえてきます。

ちょうど聞こえてきたのは「終わりなき旅」。
北海道に馬の撮影に行くたびに、カーステレオで聞いていた思い出の曲でした。
根室の牧場では、熊に出会わないように大声でミスチルメドレーを歌いながら歩いていたっけ…。

horse410

…デビュー当時から大好きだったミスチルを聞けなくなってしまったのは2年前の秋。
何年も撮影に通った根室の牧場が閉鎖され、馬たちがいなくなってしまってから、聞くことができなくなってしまいました。
余りにも、思い出が詰まりすぎていて、思い出に重なりすぎていて、聞くのが辛い…。
horse411

それでも新しいCDが出るたびに購入しては、感情が引っ張られてしまう感じがして、一度だけ聞いては封印してしまうのです。

horse409

その根室の馬たちの写真展「最果ての馬」の開催から1年経ちました。
雨音に混ざって響いてくる歌を聞きながら、意外に静かにいられる自分に気づきました。
そろそろ次の旅に向って進まなくては…と思いながら、秋が深まっていきます。
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

このページのトップへ

コメント

折り重なる記憶の美

あの思いこの思いが重複して今の自分があるのですよね。。。
ちょっと聴こえてきてもミスチルだと解るほど好きなんて好き過ぎ。

心を研ぎすまして生きておられる。二科展行ってえくうす作品みて
しみじみと思いました。光が透けて見える鬣は(たてがみってこんな字でしたか)『美』。
お馬さんは、機嫌悪いと噛むし気ままにウンをしなさる。それでもそれでもそこにある『美』を撮るなんて、好きって気持ちがなかったらできません。
すごいなあ、大変な労力だなあ。
二科展心底感動しましたが、素人なので感想が貧弱です。それがもどかしい。

  • 2007/09/19(水) 10:17:56 |
  • URL |
  • 桜坂 #HfMzn2gY
  • [編集]

桜坂さん♪

二科展の作品見てくださったのですねv-254ありがとうございます~!!

あの被写体の馬はミスチルの詩とともに思い出となっている根室の白馬です。
スターホースでもなんでもない、ほんとうに普通のお馬さんですが、私にとってはかけがえのない友でした。
桜坂さんにその思いが伝わって、とても嬉しいです。有難うございました。

  • 2007/09/19(水) 23:03:19 |
  • URL |
  • えくうす #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/499-bc8dc5b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。