FC2ブログ

ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

路傍の馬

今日の一枚
horse9

挽歌    青森県横浜町 青森牧場の最後の馬たち

昨日、3月1日は私の母校の卒業式でした。母校は石川県金沢市にある美術大学で、その「仮装卒業式」は毎年ニュースの話題になり、今年もその模様がTVに映し出され十数年前の学生時代を懐かしく思い出しました。

残念ながら美術大学には馬術部がなく、乗馬クラブに通おうにも、仕送り・バイト代は画材に消えてしまい、せめて馬の姿だけでも・・・・と金沢競馬場にある乗馬クラブで写生させてもらったこと。その当時は空前の競馬ブームで、綺羅星のごとく「アイドルホース」がいて、オグリキャップのぬいぐるみが一世を風靡し、競馬場に女の子の姿が増え始め、卒業後就職して京都で暮らすようになった私も、その一人として淀へ日参したこと。
就職2年目、少し生活にゆとりが出てきて念願の乗馬を始めたこと。ナリタブライアンの三冠達成の瞬間に立ち会ったこと。好きだった競走馬の産駆を見に日高へ通ったこと・・・。

20代の頃は馬の美しさ・優雅さ・力強さなど、綺麗なところ・日の当たるところばかりを見ていました。やがて、北の地を訪れる度にそんなスターホースたちの傍らの名もない馬たちが目に止まり、逞しく生きている彼らの姿に魅かれて行きました。

fureshima9

彼方へ   北海道根室市

今、私が撮影している馬たちは、ほとんどが名もない路傍の馬たちです。昨年までは確かに此処に居たのに、現在は何処へ行ってしまったのか判らない馬たちもいます。そんな彼らの姿は北の地からも次第に少なくなってきています。
せめて彼らの姿を写真に残すことで、彼らが此処で生きていた証にしていきたい。今はそう思いながらカメラを手にしています。
スポンサーサイト



テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/62-5110c532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する