FC2ブログ

ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

真冬の奇跡

残念ながら、今日のブログ、写真ナシです。

えくうす家には5年間維持している熱帯魚の水槽が1本あります。熱帯魚っていってもメルユキ家のような古代魚の泳ぐ立派なやつではなく、ごくごく一般的な60㎝水槽で、かつてアクアリウムであったもの(笑)です。

かつてはアクアリウムであったのですが、アレ&ロンの参入とともにヤツラの被害の及ばない(届かない)薄暗い玄関に追いやられ、いつしか水草は淘汰されてアマゾンソードのみとなり・・・まだ中に泳いでいるのがカーディナルテトラとかの派手なネオン系であれば良かったのですが、渋好みのえくうすのシュミで、中にいるのはコリドラスが9匹、ワカサギ状態のサイアミーズフライングフォックス1匹(でかくなりすぎ!)、グリーンネオン3匹。
はい、コリドラスメインのコリ水槽となのでございます。
コリ水槽なので水草は植木鉢に植え、全面に浅ーく田砂が敷いてあるという地味な水槽。時々、「この水槽魚居ないね」といわれるコリ水槽。


事件はそんな地味コリ水槽で起こったのでした。



それは1月中旬のある日のこと。
いつものごとく水替えをして、排水をトイレに流そうとしたところ・・・
ちょっと待ったー!!バケツの底のほうで小魚が1匹うずくまっているではありませんか・・・。
「グリーンネオンのやつ、吸われたな・・・」
コリ水槽の水替えは底砂から汚れを取るためにプロホースを使って水と砂を吸い上げて、途中圧を弱めて砂を落として汚れた水のみを排出するのですが、吸い込みの勢いが強すぎると小魚を吸ってしまうときがあるのです。

やれやれと小魚を掬い上げると・・・それは見たこともない小魚!なぜ?いつの間に??
・・・よくよく見ると、小魚は1㎝くらいの半透明でごま塩模様・・・

なんと!コリドラスの赤ちゃんだったのです!

ヨークサック(孵化したばかりの稚魚についている栄養分の袋)も無く、一丁前にヒゲまで生えている状態から逆算すると・・・少なくとも1ヶ月前には誕生していた模様・・・。
それまで・・・まったく気が付きませんでした!
慌てて他に稚魚が居ないか探したところ、赤ちゃんコリはこの1匹だけのよう・・・。

この5年間ひたすら地味に生きてきたコリーズ。まさか密かに繁殖しているとは思いもよりませんでした・・・。
水槽を設置して1~2年くらいは、やれグリーンファイアーが産卵しただの、ラミレジィが産卵しただの慌しかったのですが、自力で孵化まで至った魚はいませんでした。
そんな混泳水槽で、孵化後、無事ココまで自力で育った赤ちゃんコリ。なんて愛おしいんでしょう!


それからは毎日たった1匹残った赤ちゃんコリの存在を確かめながら給餌する日々。
しかし、半透明に近い赤ちゃんコリは繁茂したアマゾンソードの森に隠れてしまって滅多に顔を見せてくれません。たま~に葉っぱの上に乗っかっている姿を見ることができれば一日ラッキー!な気分。

2月も末になると、見つけるのが難しかった赤ちゃんコリも1.5cmくらいに成長し、毎日餌の時間に姿を見せるようになりました。それまでどれが親か不明だったのですが、模様がハッキリしてごま塩模様にアイバンドが現れてきたことから、メラニスティウス、デュプリカレウス、ニューアドルフォイあたりとのハイブリットの可能性が高いようです。これから成長に伴って更に模様もハッキリしてくるんだろうな♪と毎日水槽を見るのが楽しみになったのでした。


そうして3月。
先週末風邪で寝込んだため、えくうすは月曜の夜に水替えをしておりました。風邪薬で多少朦朧としながら、汚水を流そうとしたところ・・・

またバケツの底に小魚がー!!

嫌な予感がえくうすの脳裏をよぎりました。

赤ちゃんコリが見つかってから、水替えの時には、照明を明るくして、慎重に排水ポンプを入れていたのに、今回はライトで照らしていなかったような・・・

愕然として手で掬ってみると、それはやはり赤ちゃんコリ。
・・・しかも、グッタリと横たわって動かない・・・

赤ちゃんコリは死んでしまっていたのです・・・。



悔やんでも、悔やんでも、自分がやってしまったことは取り返しがつきません。
手の中に横たわるちっちゃな赤ちゃんコリ・・・。
なぜ安易に排水ポンプを入れてしまったのか。赤ちゃんコリが潜んでいそうなところの砂を吸ってしまったのか・・・。

アマゾンを遠く離れて、こんな東の果ての異国に連れてこられて、自然の摂理から外れた不自然な環境で生まれ、それでも精一杯生きていたのに・・・守ってやらなくてはいけない私が不注意で殺してしまった・・・。


その日は眠れないまま夜を過ごし、暗い気分のまま出社しました。
朝夕の給餌の時間、目は自然に赤ちゃんコリの存在を探してしまいます。
この葉っぱによく乗っていたっけ・・・砂の上に居る時は保護色で見つけるのに苦労したっけ・・・。
ごめんね・・・。と呟いて、その夜は水槽のライトのスイッチを消しました。




翌日。
あの赤ちゃんコリはいなくなってしまったけど、その他のコリーズたちはご飯を待っています。
餌のタブレットを4つに割って、水槽に沈めようとしたその時・・・

・・・砂の上に、なにかいる!
それも2匹!!

・・・なんと、赤ちゃんコリが2匹、底砂をホリホリしながらこちらへ前進してくるではありませんか!
しかも、模様は2匹とも同じくアイバンド!


赤ちゃんコリは1匹ではなかったのです。
私がいつも1匹しか見つけることが出来なかったのは、警戒心から1匹ずつこちらを伺っていたから?
なにはともあれ、生き残った大切な赤ちゃんコリーズを、これから細心の注意を持って育てていこうと思っています。


私が思っているより、コリーズは逞しいのかもしれません。
アマゾンを遠く離れて、寒い東の果ての異国で、狭い水槽の中でも野生を忘れず精一杯生きているコリーズ。5年間ともに暮らしながら、彼らのことでまだまだ知らないことが沢山あると考えさせられた出来事でした。
スポンサーサイト



テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

コメント

頑張りますね!

水槽の存在は聞いておりましたが、コリティ、アフアフ、そしておちゃかなちゃん達、頑張りますね。
小さな命で思い出しましたが、私も子供の頃お祭りで貰ったひよこが死んじゃったのがショックだった...
一つのか弱い命は失われましたが、これからは他の子たちを大切にしてくださいネ。

さて、話は変わりますがアジアインターにいらっしゃいますか?
私は両日お昼くらいまでですが見学に行く予定です。
犬達は夫が保父さん当番をしてくれる事にったので、今回はお買い物もゆっくりできそうです♪

  • 2008/03/05(水) 22:42:09 |
  • URL |
  • えるぐれあ #-
  • [編集]

赤ちゃんコリーズ

可愛いですね~
成長が楽しみですね

うちも以前冬の水換え時の
居眠りで先代を死なせてしまったときは
主人はかなり凹んでました
以後水換え時は気をつけるようにしています

えるぐれあさん♪

小さな命、一生懸命に成長していますv-73
コリドラスは5センチくらいのちっちゃいナマズさん達なのですが、寿命が長く10年くらい生きる方たちなのです。
我が家はまだ5年目・・・これからも大切に大切に育てていこうと思っています・・・ええ、たとえアレ&ロンのシャンプーと水替えが重なろうが・・・v-12
最近オオモノばかり扱っていて小動物の扱いを忘れているんじゃないかとチト不安です。

アジアインターの件、鋭意調整中(上司と戦い中)なのですが、なにせ年度末・・・職場で大幅な異動辞令が出たらピンチです~!
JKCからまだスケジュールも発表されないし~!アフガンは何時??単独??
また改めて詳細をメールしますね~v-5
・・・って、明日は出張で東京です!キャフン対策して出発します!v-417

  • 2008/03/06(木) 21:28:56 |
  • URL |
  • えくうす #-
  • [編集]

メルユキままさん♪

赤ちゃんコリーズ、めちゃくちゃ可愛いんです~v-343
でも、本当に底砂と保護色で見つけるのがタイヘン・・・同じ事故を起こさないように、赤ちゃん用水槽を立ち上げたほうがいいかも・・・です。

アロワナさんはお元気ですか?
先代の分もう~んと長生きしてキレイな大魚になってくださいね~v-254
アジアインター、えるぐれあさんと応援にいきたいのですが・・・↑のような状況です・・・。
行きたいよ~!!

  • 2008/03/06(木) 21:32:17 |
  • URL |
  • えくうす #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/635-db9944b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する