ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

犬との関係Ⅰ

今日の一枚
ale&ron15

Alex&Ronsard

動物って本当に人間を良く見ています。こちらが彼らを見ている以上に人間を観察しているのではないでしょうか。

例えば馬。彼らは老若男女および「この人間は馬の扱いに慣れているか否か」をはっきり見抜きます。扱い慣れている人間には付かず離れずの対応をしますが、慣れていない人間で「追いかけるタイプ」には距離を置き、「怖がるタイプ」には逆に接近したりします。
そして人間が背に跨ったとたん、その人の乗馬のレベルまで見抜きます。「こいつは初めてだな~」とか「まあまあだけど、ちょっと油断したらやったろ♪」とか「仰せに従います」とか。

犬の場合。最近大多数は室内飼育ですので、そりゃもう、飼い主の一挙手一投足を犬に観察・分析されていると言っても過言ではないでしょう。これはある意味私にとって恐怖でした。口にこそ出せないけれど「こいつってバカ?」「全くだらしないな~」って思われたらどうしよう、とか。
現在、2頭の犬と暮らしながら彼らから「尊敬させる飼い主」目指して奮闘中ですが、彼らが見ていないところではとたんにズボラーな私です。

プレーリードッグ(地リス)のスズカさんとは同じ部屋で8年暮らし、彼女はいわゆる「ベタ慣れ」でしたが「野生動物」を飼っていることを尊重して暮らしていました。
部屋の中のソファーは北米プレーリーの塚となり、ベッドはたまに遊びに来る巣穴。窓辺に立って外敵が来ないか警戒。私が在室の間は自由に部屋の中を徘徊していた彼女ですが、ハウスとトイレトレーニングが出来たのはお互いにとって幸いでした。
彼女にとって私は「同じ縄張りの群れの中で暮らしている大きな動物(バイソンか?)」で、「適度な距離を置いて各々が活動し」、「どちらかがスキンシップ(グルーミング)を求めた時、相手の同意が得られれば相手の体に触れる」関係でした。それはとても楽な関係(お互いにズボラーだった)でした。

しかし、主従関係をはっきりさせる犬の場合はそうもいきません。今日も彼らは私たちをじっと見ています。
特に長男アレックスの場合・・・・


alex33


特にシェルティのアレックス。
牧羊犬の彼は本当に良く人を見ています。それも興味のある部分をスポット的に見ているのではなく、広域に満遍なく注意を払って見ているようです。
数頭の犬で数十頭の羊を管理してきた習性でしょうか、ドッグランでも特定の犬としか遊ばないのではなく、全部のイベントに参加して仕切りたい学級委員タイプです。しかし、そのため自分の思い通りに行かない場合や、イベントがなく退屈な時はイライラすることがあります。
また、「シェルティ セキュリティシステム」の警備主任である彼は我が家は僕が守る!と考えていて、家族のことはこんな風に位置づけているようです。(父に関しては以前も書きましたが・・・「家の中の甘い人」参照)

父:人間のボス・優しくて安心できるヒト・美味しいものをくれるヒト・男同士(?)  
母:一番好き!・優しいけど怖いヒト・一緒に居ると安心なヒト  
私:一緒に遊んでくれる楽しいヒト・言うことを聞かないとヤバイ、嫌なことをされるけど仕方ないヒト(シャンプーとか爪きりとか)  
ロン:弟・生徒・部下・デカイくせに子供・八つ当たりの対象


また、犬の友達については、
1歳上のお兄さんジロウ君:兄・先輩・仲間
近所のコロ君(柴)・ラブ君(ラブ):友達
黒ラブのジュン君:大先輩・一目置く
茶ラブのクレアちゃん:彼女・大好き・遊び仲間
スタンプーのピノちゃん:弟的存在・やんちゃ坊主・教育的指導相手
黒柴のクロちゃん:姉御・コワカッコいい  
アフガンのサウザー君:恋のライバル!(クレアちゃんを巡っての)
 
・・・というところ・・・。

成犬の♂となり、自我が確立してサイズ的にも大型犬!になったアレックス。
しかし、先日も一番好きなヒトである母の不在中ストレスでお腹を壊したように(1日絶食点滴しているうちに、母が帰ってきて元気になりました)、非常に繊細な面を持っています。さらに最近のロンとの関係など・・・・・。
これからの彼との暮らしについてはまた後日、記そうかと思っています。

一方アフガンハウンドのロンの観点は、また違うようで・・・・それは明日に続きます。
スポンサーサイト

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/70-83876482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。