ふぉと@えくうす

2匹の犬と暮らしながら、北海道・青森の原野の馬を撮影しています。 平成18年、キャノンギャラリー銀座・札幌で写真展「最果ての馬-根室・青森」を開催いたしました。次回の個展に向け鋭意撮影中です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

月毛の仔馬

どさんこ撮影で楽しいのは、サラブレッドや他の品種ではあまり一般でない様々な毛色の馬を見ることが出来ること。


horse801

月毛(つきげ イサベル Isabel)
 国内では北海道和種によく見られる毛色。被毛はクリーム色から淡い黄白色まで濃淡がある。たてがみ・尾等の長毛部分は、被毛と同色から白色に近いものまで。
乗馬としてアメリカ等から輸入されているパロミノはこの毛色。
上の画像の真ん中の馬が月毛です。




horse802

                 月毛の仔馬

イサベル(月毛)という呼称の由来はスペイン女王イサベル1世の名前からきているとの説があります。

イサベル女王は熱心なカトリック信者で馬が大好き。パロミノ(月毛)の馬に対しては偏愛ともとれる愛と熱情を傾け、100頭もの月毛馬を所有していた。
また、オステンドの攻撃に際し、女王は神に「その地を占領するまで今着用している肌着を脱がない」と誓い実行した。誓約から占領(1604)までには8ヶ月を要し、この間女王は誓約を守り着続けたため肌着を垢に染まって黄色に変じた。このことから当時黄色をイサベルと呼ぶようになった…
 

とのことですが…垢の黄色ですか!?

horse800

月毛の親子。
柔らかな新緑の中で柔らかな月毛が暖かな春の日差しを浴びて輝いています。

スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

このページのトップへ

コメント

月毛の仔馬のお写真、とっても素敵ですね。
思わず『お馬の親子』を口ずさんでしまいそう♪

イサベル女王、誓約を守るために垢で黄色く変色するまで肌着を着続けたとは、恐れ入ります。
そして、その色がイサベルの語源にまでなったとは驚きです。

それにしても、和洋を問わず昔の方々は意志がお堅い!
それに引き換え私ときたら…
とんでもない軟弱者だなぁ。。。
気持ちを入れ替えねば!

  • 2008/06/15(日) 11:17:18 |
  • URL |
  • ショーティーのママ #-
  • [編集]

ショーティーのママさん♪

犬の毛色でもイザベルってありますよね♪
どうして「イザベル」なんだろう?と思っていたら・・・
変色した下着の色だったとは!v-48
しかし、皮膚炎にならなかったんでしょうかね・・・?
ムカシの人は頑丈だ・・・
それに比べて扁桃腺が腫れて3日寝込んだ私もひ弱ですv-388 鍛えなおさねば!

  • 2008/06/15(日) 21:09:37 |
  • URL |
  • えくうす #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photoequus.blog43.fc2.com/tb.php/716-31711378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

えくうす

Author:えくうす
えくうす:管理人。馬と犬を愛する大台に乗った女。
アレックス:管理人の長男。2005.1月2日生まれのコリーサイズのシェルティー。毛色はバイブルー。管理人と生月日干支が同じ。
ロンサール:管理人の次男。2005.6月3日生まれのわがまま甘えたのアフガンハウンド。毛色はレッドブラックマスク。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。